漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る





肝は気血の巡りをコントロールして、正常な月経周期を整える役割をしています。ストレスなどで肝の機能が乱れると、月経周期が不順になったり、乳房が張って痛む、イライラしやすい、お腹が張るなどの症状が現れやすくなります。また「お血」が生じやすく、つらい生理痛の原因にもなってしまいます。

肝を正常な状態に戻して、気血の巡りを整えるには、逍遥散(しょうようさん)などの疏肝理気薬(そかんりきやく)を用います。自律神経のバランスを整え、血流を改善する紅麻(こうま)を配合した活蘇源(かっそげん)の併用するとさらに効果的です。



トップに戻る不妊症もくじ不妊症体験談




漢方