漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る



よくある悩みと漢方相談の実際


○ 高温期が低くて短い場合は?―黄体ホルモンの働きがポイント
 

黄体ホルモンや卵胞ホルモンの分泌が不十分なために、子宮内膜が薄く冷たく、ふかふかにならず、受精卵が着床しずらい状態にあります。中医学では、黄体ホルモンの働きが弱いことを「腎陽虚(じんようきょ)」としてとらえ、「温補助陽(おんほじょよう)」作用のある海馬(かいま)や鹿茸(ろくじょう)紫河車(しかしゃ)(胎盤)などの動物性生薬を中心に周期療法を行うことで、温かくふかふかしたベッドを用意できるようにします。



○ 子宮内膜症でも周期療法は大丈夫ですか?-子宮内膜症・子宮腺筋症
 

子宮内膜症は若い女性に急増している婦人病で、激しい生理痛や性交痛などのつらい症状に加えて、不妊の大きな原因となっています。中医学では原因を「オ血」と考え、血府逐オ丸(けっぷちくおがん)やキュウ帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)、折衝飲(せっしょういん)といった「活血化オ」の薬を組み合わせた周期療法を行います。さらに、異常内膜からの出血や癒着を抑えて痛みを軽減するとともに、不要になった子宮内膜をきれいにはがして排泄させる田七人参(でんしちにんじん)を服用することで、妊娠しやすい環境を整えることができます。



○ 2人目がなかなかできません。―第2子が欲しい方にもおすすめ
 

妊娠・出産による気血の消耗、育児のストレスなどによって、2人目以降が妊娠しにくくなるケースがあります。中医学では、「腎」の機能を補う瓊玉膏などの補腎薬を基本に、気血の不足を補う薬やストレスが強い場合は疏肝理気薬や活蘇源などを、体質に合わせて服用します。また、育児のストレスや、授乳期間が長すぎたためにプロラクチンの値が高くなり、妊娠しにくくなることもあります。各周期を整える周期療法に加えて、プロラクチンの分泌を抑える炒麦芽を用いることで、正常なホルモンバランスを整えましょう。



○ 男性不妊の漢方治療は?―男性不妊
 

不妊の原因は男性にある場合も決して少なくありません。補中益気湯は精子の数を増やし、運動率を良くする第一段階に使う漢方薬です。本格的に治療を行う場合、補腎薬と呼ばれる強壮強精作用を持つ亀鹿二仙丸、トナカイ、マカなどを使います。これらには、中国漢方の男性ホルモンと言われる動物の生殖器(鹿のペニス=鹿鞭など)が成分として多く配合されています。中国漢方には同類相補(機能や形が似たもので補うこと)という考え方があるからです。男性では、特にアルコールの飲みすぎによってできる湿と熱が精子の放出を悪くすることもあり、この場合は肝臓の湿と熱をとるシャ肝薬として、竜胆シャ肝湯を活用しています。ストレスの多い現代社会、体にさまざまな悪影響を与える活性酸素を確実に除去するために、複合ポリフェノール飲料活蘇源を日頃から服用しておくと良いでしょう。



○ 流産を予防したいのですが…。―習慣性流産対策に
 
流産は「待ちに待った懐妊」という喜びや嬉しさも束の間のこととなり、心も体も深く傷つけてしまいます。大切な受精卵や胎児を子宮内に保つ「気」や、充分な栄養を与えるための「血」の働きが低下していることが原因のひとつにあげられます。流産を繰り返してしまう場合、生殖能力を高める「腎」と、気血をつくり出す「脾」を補う薬を中心に体質改善をしてゆきます。妊娠がわかった場合には亀鹿二仙丸などの補腎薬をベースに体質に合わせて帰脾湯などの安胎薬と呼ばれる漢方を服用して胎児をしっかりと子宮に保ち、流産を予防しましょう。


○ 排卵しにくいと言われました。-高プロラクチン血症でお悩みの方にも
 

高プロラクチン血症とは乳汁の分泌を促す催乳ホルモン・プロラクチン値が授乳期でもないのに高くなってしまう症状です。血中プロラクチン値が高くなると、卵子をつくるのに必要な卵胞ホルモンや卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)の分泌が低下し、卵が作れなくなり、無排卵、排卵困難、ついには無月経になってしまうことがあります。人によっては乳汁が溢れ出ることもあります。中医学では紅ラフマ、紅麹などが有効です。




トップに戻る不妊症もくじ不妊症体験談





漢方