漢方薬 誠心堂

お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 中医養生

中医養生

中医学の中には生活習慣に関する「中医養生」があります。この中には、食事に関する「中医薬膳」、運動に関する「太極拳」、生活行動に関する「中医養生」などがあります。
特に食事に関する「中医薬膳」は紀元前から大変重要視されてきました。西周時代(紀元前1000年ごろ)から王様の食事を管理する「食医」がおかれ、王様の健康を任されていました。優れた医者は病気になる前に病気を予防する医者とされ、病気を予防するためにはまず「食事」が重要とされました。 
「中医薬膳」は中医学の理論に基づき、適した食材・中薬(食材にもなる穏やかな効果のある薬・薬茶)を用いて、飲食・養生・健康の維持・疾病の予防・病気の治療のために作られる食事のことです。簡単に言うと、個人の体質に合せて作られたおいしく、体にも良い食事といえます。

【中医薬膳について】

 

中医薬膳

中医学の理論の中にある「五味と五臓の関係」や「食材の性質(五性)」、「気血水の実虚(扶正去邪)」などのポイントを個々の体質に合わせること大切です。

食材の性質(五性)

漢方薬や食材には熱温平涼寒の性質があります。

熱・温
体を温める性質。温は穏やかに体を温め、熱は温よりも強く温めます。
体が冷えやすい体質や寒い時季に適しています。逆に体に熱がこもりやすい体質の場合は控えます。


中間の性質。体を温めも冷やしもしないので、長期に食べても偏りません。どのような体質にも適しています。

寒・涼
体の熱を冷ます性質。涼は穏やかに体の熱をさまし、寒は涼よりも強く体を冷やします。体に熱がこもりやすい体質や炎症があるとき、暑い時季に適しています。 逆に体が冷えやすい体質の場合は控えます。

五臓と五味と五色の関係

中医学では、食物をその働きによって五味に分類をしています。これらは甘(あまい)、辛(からい)、酸(すっぱい)、苦(にがい)、鹹(塩からい)、があります。この五味はそれぞれ関係の深い五臓にそれぞれ作用し、五臓を養います。五味は過不足になると逆にその臓腑を悪くします。さらに、毎日食事で適切に摂取された場合は、身体の機能を高めるとされます。

六味
五臓 脾・五臓
作用 脱落症状を収める・固める・津液を生じる 熱を清める・便通をよくする・解毒・湿を散す 疲れを改善・虚弱を補う・脾胃を調和・痛みを和らげる 身体を温める・気血の流れを良くする・痛みを止める 堅いものを和らげる・塊を解消・通便 湿を取り除く・脾の働きを促進・食欲を誘う
五色  

気血水の実虚(扶正去邪)

中医学では体を構成するものとして、気・血・水(陰分)があると言われています。
これらは「正気」と言われ、健康を維持するために必要なものとされています。よって、不足した場合(気虚・血虚・陰虚)には補う必要があります。これを扶正といいます。
しかし、気・血・水の流れが悪くなったり(瘀血、気滞)、悪い物質(痰湿)になったりすると「邪気」と呼ばれ、健康を害するものとなります。また、体の外からの悪い影響(例えば風邪の菌やストレスなど)も「邪気」と呼ばれています。邪気がある場合には邪気を取り除いたり、邪気をよせつけない必要があります。これを去邪と言います。

体質

食材

漢方薬

 

  おすすめ食材
赤字は特におすすめの食材。
ただしどれも取りすぎには注意

避けたり・
ひかえたりしたい食材

 




気虚

【気力を補う食材】
牛肉・羊肉・鶏肉・うなぎ・えび・ふな・うずら卵・鶏卵

×生もの・脂っこいもの
×チョコレート
×甘い物・ピリ辛のものをとりすぎない

朝鮮人参・山薬・大棗 

もち米・山いも(大和いも・長いも)・里いも・じゃがいも・かぼちゃ・玉ねぎ・にんにく・にんにくの芽・らっきょう・にら・ねぎしょうが・豆腐・豆乳・納豆きのこ・アスパラガス・キャベツ・ブロッコリー・・山椒・花椒・くるみ・朝鮮人参・りんご・シナモン・ヨーグルト
ほうじ茶・紅茶(朝鮮にんじんやしょうが・シナモンを加えるとよい)・緑茶・杜仲茶・朝鮮にんじん茶

陽虚

【体を温める力を補う食材
くるみ・羊肉・鹿肉・鶏肉・エビ・ナマコ・イワナ

にがうり・とうがん・セロリ・梨・りんご・すいか・緑茶・豆腐・生もの

牡仲・続断・胡桃

血虚

【血を補う食材】
レバー・豚肉・鳥骨鶏(なければ地鶏)かき・なまこ・太刀魚・うずら卵・鳥骨鶏の卵・鶏卵

×冷たい物・生もの・脂っぽいもの
×チョコレート
×甘い物・ピリ辛のものをとりすぎない

竜眼肉・何首鳥・桑椹
・大棗

黒米・ほうれん草にんじん・トマト・小松菜金針菜・ピーマン・黒ごま・白ごま・黒豆小豆・黒きくらげ・プルーン・竜眼肉・なつめ・くこの実・レーズン・ざくろ・・ぶどう・ブルーベリー・キウイ・いちご・ライチー・桑の実・ヨーグルト
ほうじ茶・紅茶(プルーンや牛乳・シナモンを加えるとよい)・くこ茶

陰虚

【体を潤す食材】
豚肉・鴨肉・鶏卵・うずら卵・すっぽん・なまこ・かに・かき・はまぐり・あわび・あさり・しじみ・太刀魚・ピータン

×香辛料・ピリ辛味の強いもの
×薬味野菜のような「辛み」「温・熱性」の強いもの

五味子・桑椹

黒米・牛乳・豆乳レンコンきゅうりトマトゆり根・黒くわい・松の実・くこの実・黒ごま・白ごま・ぎんなん・黒豆・白きくらげ・梨・すいか・メロン・レモン・ライチー・はちみつ・杏仁・緑豆・ヨーグルト
ミント茶・牛乳をたっぷり加えた飲み物・緑茶・菊花茶・ほうじ茶・ラフマ茶




気鬱

【気の巡りを良くする食材】
レバー・いか・うずら卵・あさりしじみかき・たこ

×味(甘み・しょっぱさ)の濃いもの
×イライラ・赤ら顔・頭痛のときは「辛味」「熱性」のものを控える
×ガスとゲップの多い人は、いも・豆を控える

陳皮・青皮・玫塊花

発芽玄米・香り野菜(セロリ・せり・三つ葉・ミント・しそ・香菜・春菊・パセリ)・ゆり根・苦うり・金針菜・陳皮くこの実菊花・黒ごま・くちなし・はすの実の芯・かんきつ類・パパイヤ・ぶどう・柿・梅干し・黒酢・くず粉
ミント茶・ジャスミン茶・バラ茶・ラベンダー茶・カモミール茶・緑茶・ラフマ茶・柿の葉茶・菊花茶

血於

【血の巡りを良くする食材】
いわし・さんま・さば・あじ・かにどじょう

×脂肪とくに肉の脂身・バター・生クリームなどの動物性脂肪
×味(甘み・しょっぱさ)の濃いもの
×甘いもの
×冷たい飲みもの・アイス

三七・紅花・桃仁・鬱金
・山楂子

玄米・玉ねぎにんにく・にんにくの芽・らっきょう・にらねぎ・しょうが・みょうが・なす・くわい・そば・黒豆・黒きくらげ・山椒・花椒・シナモン・紅花・サフラン・バラ・うこんさんざし・桃・さくらんぼ・黒酢
ウコン茶・紅花茶・バラ茶・シナモン紅茶・ほうじ茶・ウーロン茶

痰湿

【体の中の痰湿を除く食材】
あさり・しじみ・青背の魚

×肉・卵黄・魚卵
×脂っぽいもの・味(甘み・しょっぱさ)の濃いもの
×炭酸飲料・水分
(特に冷たい飲みもの)

海藻・昆布

玄米はと麦・そば・麦・あわ・海藻きのこたけのこ根菜(ごぼう・大根・かぶ・にんじん)・アスパラガス・かぼちゃ・小松菜・青梗菜・ピーマン・キャベツ・ブロッコリー・冬瓜・ふき・こんにゃく・寒天・緑豆緑豆春雨・バナナ・さんざし
ウーロン茶・プ―アール茶・はと麦茶・岩茶・はぶ茶・緑茶

陽盛

【体の熱をさます食材】
にがうり・トマト・れんこん・白菜・セロリ・きゅうり・水菜・バナナ・すいか・柿

唐辛子・生姜・ねぎ・牛肉・鶏肉・羊肉・鹿肉・酒

菊花・金銀花・蒲公英・番瀉葉・アロエ