こんにちは。
毎日厳しい暑さが続きますね。
1年を通じて最も体力が消耗しやすいのがこの時期。過度な冷房や冷たい物の摂りすぎに注意して正しい対処法で暑い夏を乗り切りましょう。

夏の養生は、まず暑さからくる「熱」対策が基本。真夏の暑い日が続くと、身体に余分な熱がこもって発熱や皮膚の赤み、胸苦しさ、不眠といった暑さによるさまざまな不調が現れます。
また、身体にこもった熱は、多量の発汗で体力を消耗したり、冷たいものの摂り過ぎで脾胃を傷つけたりといった全身の不調を招く原因にもなります。食養生で日頃から熱を身体に溜めない工夫が必要です。

<身体の熱を取る涼性の食材>
スイカ、きゅうり、冬瓜、苦瓜、なす、もやし、春雨など

<汗を多量にかきやすい方、潤いを補う食材>
レモン、梅干し、トマト、きくらげ、蓮根、豆乳など 

<胃腸を元気に、体力を維持する食材>
山芋、かぼちゃ、大豆製品、鰻、みょうが、生姜など


食事の工夫と一緒に、入浴にも気配りを。
暑い夏はシャワーで汗を流すだけで済ませる方が多いですが、1日の終わりは湯船に浸かってのんびり。冷房で冷えてしまった身体を温め、血行を良くすることも必要です。


気をつけていても夏はいつも調子を崩す、症状が長引く、体質を改善して元気に過ごしたいという方、一度漢方相談にいらしてください(ご予約優先です)
ベテランの中医学アドバイザーとスタッフがお客様の健康回復をしっかりサポート致します。


【6月に相談が多かったお悩みです】
@子宝相談
A婦人科系疾患(生理痛/生理不順/更年期障害)
B不眠症
Cめまい
Dダイエット
E頭痛
F胃腸の不調

どうぞお気軽にご連絡ください。
蒲田店スタッフ一同お待ちしております。