漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る


中医学からみる肥満

   
 肥満の原因 - 痰湿(たんしつ)

中医学の理論では、肥満と関係が深い臓腑は主に「脾」「腎」と考えます。
又、最近ではストレスも肥満の大きな原因となっており、「肝」も注目されています。

中国最古の医学書、「黄帝内経」の「霊枢・逆順肥痩」にはこうあります。

『肥人也・・・其為人也、貪於取与。』
・・・肥満者、それは食事を飽くことなく貪る。

これは食べすぎによって肥満となるという基本を述べています。
同じく「石室秘録」や「医門法律」にはこうあります。

『肥人多痰、肥乃気虚也。 虚則気不運行、故痰生也。』

・・・肥満者は痰が多く気虚(エネルギー不足)である。
虚により気が滞りめぐりが悪くなるので、痰が生じる。

『肥人湿多』・・・肥満者には湿が多い。

この「痰湿」こそが肥満の原因物質なのです。

ここで重要なのが、「痰湿」の生成代謝と密接に関係している臓腑「脾」と「腎」です。

「脾」のはたらき

「脾」のはたらきは、飲食物の消化・吸収・代謝、および栄養物質の生成です。食物の運化(代謝)をつかさどることで、食べ物から栄養成分を吸収し、「気」「血」「津液(水)」といった良い物質を生成しています。

「腎」のはたらき

「腎」のはたらきは、人体を構成する基本物質「精」を蔵することで、成長・発育・老化・ホルモンバランス・生殖・水分代謝をつかさどります。「腎」の働きが悪くなると水分の排出がうまくいかず「痰湿」を生み出してしまいます。

「脾」と「腎」は互いに助け合ってはじめて正常な機能を果たしています。「脾」や「腎」の機能が低下した場合や脂っこく味の濃いものを過食すると代謝がうまく出来ずに病理物質「痰湿」が体内に生じ、肥満となります。

この痰湿によってさらに飲食物の正常な運化作用が失われ、栄養物質が体の各部に送られないばかりか、脂肪が体内にたまり「気」「血」が滞って循環が悪くなり、様々な病症が起こることがあります。

中医学では主に4つの肥満タイプがあります。

ダイエットは、まず自分の本来持っている体質と肥満タイプを知ることが成功の秘訣です。

 

   
 陰陽体質別ダイエットの薬膳


漢方では肥満は陰・陽の体質によって分けられていて、陽肥満はほどんと食毒体質の実証と気鬱体質の一部。1つは過食傾向、もう1つは栄養の吸収効率が非常に高く、同じカロリーをとっても陰の人よりずっと太りやすい。一方陰肥満は、寒がりで基礎代謝が低く、カロリーを消耗しにくいタイプです。
一方やせすぎは、1つは食毒体質の虚証で、消化能力が整えば、解消する。また、気鬱体質の方は、ストレスを解消することによって改善することができる。

陰体質の人の薬膳 「あったかシチュー」

材料
4人分 かぼちゃ200g かぶ2株 しめじ1パック コーン缶詰クリームタイプ1缶 牡蠣120g にんじん80g  細ねぎ5本 生姜みじん切り1 牛乳1カップ 紅花大さじ1 スープ2カップ弱 塩少々

作り方
①かぼちゃは1口大、かぶは根を8等分に切る。しめじは小房にほぐす。牡蠣は洗い水気を切る。にんじんはいちょう切り。細ねぎは小口に切る。
②鍋にスープとにんじん、かぶ、かぼちゃを入れて火にかけ、やわらかくなったらコーンと牛乳を加える。牡蠣と生姜を加え、最後に紅花と細ねぎをちらす。塩少々で味をととのえる。
※紅花がないときには、細ねぎのみじん切りの量を増やすか、黒キクラゲを加えてもよい。

陽体質の人の薬膳 「セロリのシャキシャキサラダ」

材料
4人分 セロリ1本 きゅうり1本 菜の花½把 生ワカメ40g 青じそ3枚 クコの実大さじ1 ごま少々  ドレッシング(ごま油、しょうゆ、酢各大さじ2、にんにく極少々)

作り方
①セロリ、きゅうりは細切り。ワカメは1口大に、菜の花は茹でて半分の長さに、青じそはせん切りにする。ごまは炒って、粗くする。クコの実は酢をひたひたに加えてもどす。
②小さなフライパンにごま油をまぶしてにんにくを炒め、しょうゆ、酢を加えて再度煮立てて①にかける。
※菜の花がないときには、ほうれん草で。
 
 

中医ダイエットTOP肥満のタイプ体質チェック体験談

漢方薬をはじめるには?店舗案内漢方成分配合商品漢方体験談キャンペーン今月のプレゼントトップに戻る



漢方