漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る


研修実績
上海中医薬大学 岳陽病院 第3回(2)「不妊症研修」報告     2007年11月11日(日)~16日(金)

南行徳店 松島達也


今回はじめての中国研修を終え大変印象に残った事は中国では漢方薬が一般人の生活にとても浸透しており、煎じ薬を服用する事が当たり前になっていることに驚かされました。

中国では日本と違い漢方薬に保険がきき西洋の治療をするよりも経済的負担が少ないようですがここまで生活の中に溶け込んでいるとは思いませんでした。五日間の研修の中で多くの事を学べたと思います。岳陽病院の漢方医の先生方の相談を間近で見ることができ、改め弁証論治の大切さを感じる事が出来ました。

婦人科は日本でも有効性が広く認められ漢方相談を受ける事も多いのですが今回研修に参加し先生方の症例を拝見させていただき漢方の有効性がとても高い事に感動しました。中国で行える治療(薬草なども)と日本で行える治療には大きな差はありますが、婦人科疾患において生理不順や不妊症などは腎を強化すること(特に補腎陽の必要性)、気血生成の源である脾を強化することが非常に重要であり、また子宮内膜症・子宮筋腫においては活血化?のサジ加減(止血と活血のバランス)がとても重要であることが分かりました。

簡単ですが今回学んできた漢方治療の考え方のポイントがここにあると思いました。今後の婦人科相談を行っていく上での参考にしていきたいと思います。




トップに戻る



漢方