漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る


アレルギーを知る

花粉症、ぜんそく、アトピー性皮膚炎などは、すべてアレルギーです。今回は、アレルギーとは何か、そのメカニズムや東洋医学的な考え方、対処方法などをお話しします。


【アレルギーは本来、体を守る機能】

人間の体には体外から異物(ウイルスなどのタンパク質)が入ってきたとき排除しようとする自然のはたらきがあります。それが「免疫」です。 異物を排除するとき、次回の侵入に備えて「抗体」という物質を作ります。抗体は鼻、のど、目などの粘膜に待機して、異物侵入時は細胞にはたらきかけ、ヒスタミンなどの攻撃物質を放出して異物を撃退します。異物であるタンパク質=「抗原」を、抗体が排除することを「抗原抗体反応」と言います。 抗原抗体反応は、体を異物から守る働きです。しかし、なぜか抗体を作る機能がコントロールできなくなり抗体が増えすぎることがあります。すると過剰に反応し、攻撃物質が多量に分泌され自分を傷つけてしまいます。これがアレルギーです。
つまり、自分を守るように働く正常な抗原抗体反応が免疫で、過剰防衛の状態がアレルギーです。アレルギーとは決して特殊な病気ではなく、体に必要な免疫機能が変形したものなのです。

【アレルギーと病院の薬】
アレルギーになりやすい人にはいくつかのタイプがあります。
 1) 消化・分解力が弱い
 2) 皮膚粘膜のバリア機能が弱い
 3) 抗体を作りだすコントロール力が弱い
 4) ヒスタミンなどを含む細胞が壊れやすい

一般的に使われる薬は①抗ヒスタミン剤(ポララミン)②抗アレルギー剤(アレジオン)③ステロイド剤(セレスタミン)などです。このうちステロイド剤はすべての免疫反応を抑制するため劇的な効き目と即効性があります。ただしいずれも使い続けなければならず、長く使うと副作用の恐れがあり、服用を中止すると再発するので必ずしも予防にはならない…など難点もあります。

【花粉症は“気”を増やして予防】
花粉症は、抗原との接触を避け内臓や鼻、目の粘膜を丈夫にすることで改善します。空気が乾燥すると粘膜も傷みがちです。傷ついた粘膜からは抗原が侵入しやすいので、マスクやうがいなどでガードするほか「玉屏益気湯」や「補中益気湯」などの補気薬で、粘膜のバリヤ機能を高めて体質を強化しましょう。
栄養バランスの偏り、排気ガスなども粘膜を傷つけます。大気汚染などの環境は変えられませんが「環境に対応できる体質づくり」は自分の努力でできます。
漢方では、“気”が不足すると、環境に対する防衛機能が弱まると考えます。気を増やすような食物を摂取してください。大豆や小魚、根菜など自然のもの、玄米、黒砂糖、天塩など気を含む食物を“寿元食養”と言います。当店で手引きを差し上げているので参考にしてください。

【アトピーは肌質を根本から変えることが大切】
アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能が低下した「アトピー肌」が基礎にあります。外部からの刺激(乾燥、薬品、雑菌など)に対して、大変敏感になっています。刺激の少ない綿の肌着を身につけ、掻いたりしないよう心がけてください。
また、食事の面では「活性酸素」を多く含む食品(揚げ物、肉、甘い菓子など)はかゆみや炎症を悪化させることがわかっていますので、できるだけ避けてください。
漢方薬処方では、内臓から皮膚のバリア機能を強めることが基本になります。中国の漢方薬に「瓊玉膏」があり、アトピー肌を改善するのに有効です。主要成分である「生地黄」は、肌につやと潤いを与え、丈夫な肌を作ります。
ここでぜひ紹介したいのが、クマ笹の効果です。クマ笹には、かゆみや炎症を抑えてくれる働きがあります。また腸内環境を整えたり、アレルギーを起こすヒスタミンを抑えたり、抗菌作用、活性酸素除去など、SOD酵素を多く含み、アレルギーに対して多くの薬効があります。味も飲みやすく、副作用の心配もないので、赤ちゃんにも安心して飲ませられます。
誠心堂では、クマ笹の有効成分を抽出した「ササヘルス」「活蘇源」という使いやすい商品を扱っていますので、ぜひお試しください。

 


漢方薬をはじめるには?漢方成分配合商品漢方体験談今月のプレゼントキャンペーントップに戻る



漢方