漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る





原因不明のイボが、1カ月でポロリ!驚きとともに「早く漢方を使えば良かった」


▲「ずいぶんキレイになりましたね」
と雑談する王先生(右)とKさん




次から次へと出てくるイボ。改善しないまま広がり続ける状況に不安を覚えたKさん(27歳)は、思い切って誠心堂の漢方を試すことに。飲み続けた効果はすぐに現れ、今ではブツブツがあったとは思えないほどキレイな肌を手に入れました。


誠心堂に通い始めたきっかけは?

2年前の夏、左手の親指にイボが出ているのを発見。塗り薬も効果がなく、手の甲や足にまで広がり始めたため、皮膚科に通うことにしました。 治療の過程で水膨れができるのですが、邪魔な上、密集した部分が気持ち悪く、他人の目も気になってストレスがたまってばかり。さらに、何度治療しても改善せず不安に思っていた時、漢方の良さを聞きつけ、相談しに訪れたのです。


漢方を飲んでどう変化しましたか?

煎じ薬をいただき、朝晩と欠かさず飲み続けることに。出がらしを浴槽に持ち込んで湯船に浸したり、患部に当てたりもしました。1カ月後には、イボの表面がかさぶたのようになり、面白いくらいにポロポロ剥がれ始めたのには、思わず感動……!2カ月もすると、足先に数個残し、ほぼ改善していました。


今のお気持ちは?

私と漢方の相性が良かったためか、短期間でここまで改善できたことに驚きを感じています。
特にうれしかったのは、イボの原因を丁寧に解説してくれたこと。「漢方の考え方では、イボは血の巡りが滞り、体の老廃物がたまってできたもの。冷え症で血液の流れも良くなかったため、それが原因かも」という説明には納得できたし、目からウロコが落ちました。
今は再発防止とともに、しもやけや冷え症などの改善も行っています。もっと早く通えば良かったですね。


(3月5日 船橋北口店にて取材)
ニューファミリー新聞 平成27年3月27日号掲載
取材協力:ニューファミリー







トップに戻る



漢方