お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 皮膚疾患

■20年続いた湿疹の悩みから解放されました
Y・Yさん(51歳/市川市在住)

代表取締役 西野 裕一 <<写真は和やかな相談風景

-漢方を始めるきっかけは?

30歳の頃から、両手のひらに湿疹ができるようになりました。夏は痒みに悩まされ、冬は乾燥して皮膚が切れ、無数の傷ができ、痛みで手の感覚がなくなるほど。病院にも行きましたが原因は分からず、「症状と長く付き合って」と言われてしまったんです。
ある朝、血の付いたシーツを見て、家族も心配していましたね。そんな時、近くに漢方の店があることを知り、相談してみることにしました。

-漢方を飲んでどうでしたか?

「1年間がんばって飲んでみよう!」と決心して飲み続けました。さらに飲むだけでなく、二番煎じに手を浸したりもしました。すると秋から飲み始めて3カ月後、冬にはいつもカサカサになっていた皮膚が、しっとりとしているんです。できる湿疹の数も減ってきました。今までは、重い荷物を持ったりすると皮膚が切れて血が出てしまい、綿の手袋が欠かせなかったのに、その冬は手袋無しで過ごすことができました。手のひらに感覚が戻ってきて、食品の袋も開けることができるようになりました。20年できなかったことができるようになって、「人生が変わった」とさえ感じるようになりました。家族も喜んでいます。

-読者にメッセージを

もし長く病院に通っても改善しない皮膚疾患をお持ちの人は、「漢方」を選択肢のひとつとして考えてもいいと思います。


(4月5日 店舗にて取材)
明光企画 行徳新聞 平成27年9月4日号掲載
取材協力:明光企画