お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 皮膚疾患

■十数年間苦しめられたニキビが改善 「顔を見られる苦痛から解放されました」
小学生の時からニキビで悩んでいたIさん(20歳)。大学生になっても治らず、どうにかしたいという一心で誠心堂へ。体にこもった熱を出し、膿が出にくくなる漢方薬を飲んだところ、今では友人たちも驚くほどのキレイな肌を手に入れました。

相談風景 <<担当である西野先生のアドバイスを聞くⅠさん



-漢方を知ったきっかけは?


小学生の頃からニキビに悩んでいました。初めは鼻周りだったのが、頬やフェイスラインにまで広がったため、化粧品でケアし、生活習慣を変え、皮膚科にも通いましたが、思うような効果は見られず。人目をとても気にする性格なので、どうにかしたいと、わらをもつかむ思いで調べた時、偶然漢方のことを知りました。


-漢方薬を飲んでいかがでしたか?


初めは、本当に効くのか半信半疑でした。けれど先生と話しているうちに、肌に対する考え方が間違っていたことに気付いたのです。カウンセリングが分かりやすかったことも信頼につながり、まずは半年通ってみようと思いました。  粉薬を飲んで1、2カ月くらいは変化がなかったのですが、徐々に友人から「減ったね」と言われ、1年後には「キレイになったね」と驚かれるように。自分でも写真を撮り続けて経過を見ていたため、一層実感できましたね。  以前は、洗顔中に感じるデコボコ肌にうんざりしていましたが、今では触り心地もなめらかに。何より、会話中も視線が気にならなくなったのがうれしいです。


-読者にメッセージをお願いします


いろいろな治療法を試してきましたが、ここまでキレイになるとは思わなかったので、正直驚いています。病院で思うようにいかず悩んでいる人には、一度試してほしいです。




(6月5日  船橋北口店にて取材)
ニューファミリー新聞 平成28年7月22日号掲載
取材協力:ニューファミリー