1. ホーム
  2. その他

■「漢方の助けを借りて胃腸を元気に!これからも漢方を続けたいです」

K・KOGOさん(78歳/市川市内在住))

staff <<いつも誠心堂にくるのが楽しみとKさん


-漢方を始めるきっかけは?

子どもの時に大病したのがきっかけで胃弱になりました。大人になってからも続き、年に一度は病院で薬をもらっている状況が続きました。2年前も同じようにように病院へ行き検査してもらうと、悪いところが見つからないので薬を出せないと言われてしまいました。それでも胃がムカムカする症状があったので困っていると、医者から漢方を勧められたんです。


-漢方を始めてどうでしたか?

漢方を飲み始めて1カ月くらいで胃の調子が良くなってきました。誠心堂の先生から、ネバネバした食べ物が胃腸にいいと聞いたので、オクラや納豆などを積極的に食べるようにしました。それまでは朝起きて何か食べようとすると喉が閉まって食べ物が通らない感じでしたが、漢方を飲んで、少し体を動かすと、食べられるようになりました。


-現在の様子は?

週に5回はジムに通い、毎日ジョギングとウォーキングを続けています。食事の量は減らさず、3食しっかり摂っています。食べないと元気が出ませんから。そのために漢方の力を借りています。


-今のお気持ちは?

誠心堂のスタッフはみなさん優しくて、いつでも明るく声をかけてくれるので、カウンセリングが楽しみです。来店すると元気がもらえるんですよ。これからも漢方で「健康寿命」を伸ばしていきたいです。



(5月22日 行徳駅前店にて取材)
明光企画 行徳・浦安・葛西新聞 平成29年8月18日号掲載
取材協力:明光企画