漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る





「癌の術後の体調不良を乗り越え、漢方のおかげで無事出産できました」


 

▲Hさんのかわいい赤ちゃんと
新浦安店のスタッフ


H・Mさん(35歳/浦安市在住)




―漢方を始めるきっかけは?

結婚して5年、子どもが欲しいと思い病院へ。不妊治療で通院しましたが、なかなか子どもを授かることはできませんでした。
そんなとき、子宮頚癌が発覚・・・。 手術を受けたのですが、術後に毎日のように続く不正出血、生理不順、体のだるさになやまされるように。子どもができないことへの焦りもつのる一方でした…。
そんなとき、職場の先輩から漢方を勧められたんです。




―漢方を始めてどうでしたか?

飲み始めて1~2カ月すると、体のだるさがとれて、貧血でめまいがすることもなくなり、風邪をひかなくなりました。生理不順で排卵がうまくできない体質だったのですが、基礎体温の高温期と低温期がはっきりして、薬に頼らなくても排卵できるようになったんです!
そして、漢方を始めて1年弱で自然妊娠! 信じられずに妊娠検査薬を何箱も試してしまったほどです。手術をして子宮頸が短くなっていることから、医師からは流産や早産の心配があると言われたので、誠心堂の先生と相談して臨月まで漢方を飲み続けました。そのおかげか妊娠中は貧血にもならず、医師も驚くほど順調な妊婦生活でした。


―今のお気持ちは?

漢方を始めたときには、夫は漢方薬や煎じ器を見て「騙されてるんじゃないか」と半信半疑だったのですが、今では何かあると「漢方へ相談したら」と言います。無事に出産した今、母乳の出もよく、睡眠不足なのに元気です。妊娠を諦めなくて本当に良かったです。



(10月21日  新浦安店にて取材)
明光企画 浦安新聞 平成27年1月23日号掲載
取材協力:明光企画




トップに戻る



漢方