漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る





30代後半、漢方を飲み続けて自然妊娠へ 「先生には感謝しても足りないくらい!」


 

▲Mちゃん(7カ月)を抱き上げる
担当の王先生、店長の西野先生

「子育ては大変」と言いながらも、充実した毎日を送っているというTさん(35歳)。
過去に2回の流産を経験し、多嚢胞性卵巣症候群との診断を受けていましたが、漢方と先生たちのサポートにより、念願のわが子に出会えたのだと話します。


-誠心堂に訪れたきっかけは?
元々生理不順でしたが、クリニックで診察を受けたところ、多嚢胞(のうほう)性卵巣症候群だと判明。排卵誘発剤を打ちながら治療しましたが、体に負担が大きかったことと、結果が出ないことに疲れていました。そんな時、漢方のことを知り、体質改善を目標に通い始めたのです。


-漢方を飲んでいかがでしたか?
血流を改善させ、卵巣機能の働きを助ける漢方を服用しました。鍼治療も始め、ジワジワと体が温かく感じられるように。
基礎体温も正常に近付いてきたものの、人工授精がうまくいかず、体外受精をするべきか悩んでいました。その後、高温期の状態が数日続いたので、もしやと妊娠検査薬を使ったところ、陽性反応が。病院で自然妊娠という診断を受け、ようやくホッとしたのを覚えています。


-出産まで漢方を飲んでいたとか?
流産を2回経験していたので、その予防のため出産まで服用を続けていました。子どもを授かった感覚が薄かったのですが、赤ちゃんの泣き声を聞いて初めて「私が生んだんだ」という実感が湧き、こみ上げてくるものがありました。


-今のお気持ちは?
一時は、年齢的な焦りや不安から、何度も「もう止めよう」と思いました。そのたびに先生方が親身になって話を聞いてくれ、ストレス発散にも付き合っていただき、今では感謝しても足りないくらいです。

(3月19日  船橋北口店にて取材)
ニューファミリー新聞 平成27年5月15日号掲載
取材協力:ニューファミリー







トップに戻る



漢方