漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る





子宮外妊娠を経験、人工授精も失敗…失意の中でも漢方を飲み続け、自然妊娠へ


 

▲Aちゃんを抱く担当の王先生と、
誠心堂船橋店のスタッフ

漢方を飲み始め、1年後に妊娠、無事出産されたWさん(39歳)。子宮外妊娠を経験し、不安を抱える中、支えになったのは一緒に治療を続けるご主人と、誠心堂のスタッフだったと言います。赤ちゃんを連れて来店した夫妻に話を伺いました。


-誠心堂に訪れたきっかけは?
子どもに恵まれず、病院で検査したところ「卵子が老化している」ことを知ってビックリ。 妊娠できないかも……そんな不安を抱えていた時、誠心堂の不妊症相談を知りました。そこで、病院で治療しながら、夫婦一緒に体質改善を受けようと思ったのです。


-漢方を飲んでいかがでしたか?
私は煎じ薬を飲み、ガタガタだった基礎体温が正常に近くなり、夫は「低かった精子の運動率が回復した」と話していました。
漢方を続けつつ人工授精を受け、初回で無事着床。喜んだのもつかの間、何と「子宮外妊娠」だったことが分かり、ひどく落ち込みました。夫、王先生の励ましや支えがあったからこそ、気持ちを切り替え、乗り越えられたのだと思います。


-妊娠時、出産する時のお気持ちは?
その後も人工授精がうまくいかず、不安とストレスから一度治療を止めようと決断。漢方だけは続けていました。すると、しばらくして基礎体温の変化に気付き、検査薬では陽性の反応が!  胎のうが確認できた時は涙が出るほどでした。漢方もギリギリまで続け、予定通り出産。無事生まれてくれて良かったです。


-今のお気持ちは?
漢方をはじめ、メンタル面でも相当支えていただきました。最初は半信半疑でしたが、諦めずに飲み続けて本当に良かったです。2人目も、また漢方のお世話になるかもしれません。

(4月11日  船橋店にて取材)
ニューファミリー新聞 平成27年6月12日号掲載
取材協力:ニューファミリー







トップに戻る



漢方