漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る





「漢方と鍼灸で体調を整えて、妊娠・出産へ」


 

▲Tさんのかわいい赤ちゃんと
誠心堂薬局のスタッフ


T・Aさん(39歳/浦安市美浜在住)




―漢方を始めるきっかけは?

毎月、寝込むほど生理痛がひどく、自然妊娠は無理かなと思っていました。そこで、30代後半で、不妊治療にふみきることにしたんです。人工授精、体外受精と進みましたが、結果は出ず、しかも2回目の体外受精の後から不正出血が続くようになってしまって…。このままでは次の体外受精もできず、赤ちゃんも望めないかもしれないと思い、以前知人から聞いた誠心堂の話を思い出して、来店しました。



―漢方を始めてどうでしたか?

飲み始めて1カ月ほどでダラダラ続いていた出血が止まり、その後は規則的に生理が来るように。さらに、基礎体温の高温期がはっきりとわかるようになり、寝込むほど辛かった生理痛も楽に! 仕事が忙しい夫も漢方を飲み始め、「寝起きが楽になった」と言っていました。


―妊娠・出産は?

40代を前にして、もう一度体外受精に挑戦し、なんと妊娠! 今までの苦労はなんだったの?と、信じられない思いでした。 妊娠中には、腰痛とむくみで鍼灸にもお世話になり、安心して過ごせました。そして無事出産し、赤ちゃんを見たときは「生まれてきてくれて本当にありがとう」と思いました。


―今のお気持ちは?

育児は体力勝負なので、産後2週間目から漢方を再開し、育児と仕事を両立してがんばれています! これからも体調のために続けていきたいです。



(4月10日  新浦安店にて取材)
明光企画 浦安新聞 平成27年6月26日号掲載
取材協力:明光企画



トップに戻る



漢方