漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る





「20代なのに妊娠できない…追い詰められていた私を支えてくれた漢方」


 

▲Sさんの赤ちゃんと
新浦安店のスタッフ


S・Tさん(29歳/浦安市在住)




―漢方を始めるきっかけは?

結婚後に体調を崩し、生理痛もひどくなったので婦人科へ。検査の結果、ホルモンの分泌が足りないと分かりました。
同じ頃、周囲の友人が次々に妊娠。年齢的にもまだ若いのに「なぜ私だけ妊娠できないの?」と追いつめられていきました。 
そんな時、浦安新聞を見た母に漢方を勧められ、まずは体質を改善しようと来店したんです。




―漢方を飲んでどうでしたか?

冷えや肩こりがあり、血行をよくする漢方を飲み始めると、体質を表すという舌の色が明るくなったので驚きました。
また、妊娠へのプレッシャーでストレスがたまっている私に、ストレスを軽減して緊張をとる漢方もアドバイスしていただきました。先生もスタッフの皆さんも明るくて、話すと気分転換できたのもよかったです。


―妊娠・出産は?

漢方を飲み始めて2カ月。体質改善できれば、そのうち妊娠できるかなと少しプレッシャーから解き放たれたころに自然妊娠。安定期まで漢方を続け、無事に出産しました。初めて赤ちゃんを見たときは、私にそっくりで驚いてしまいました。


―今のお気持ちは?

振り返ってみると、妊娠できなかったのは、夫の転勤や妊娠へのプレッシャーなどストレスが大きな原因だったのかなと思います。
漢方だけでなく精神面からもサポートしてくれた誠心堂のおかげで妊娠・出産できたと思っています。



(5月26  新浦安店にて取材)
明光企画 浦安新聞 平成27年8月7日号掲載
取材協力:明光企画




トップに戻る



漢方