お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 不妊治療

■一度あきらめた妊娠・出産。漢方を信じ続けてよかった
S・Mさん(40歳/浦安市在住)

代表取締役 西野 裕一 <<写真はSさんを支えた新浦安店のスタッフ

-漢方を始めるきっかけは?

結婚後、なかなか妊娠できないので、病院へ行ったところ、自然妊娠は難しいということがわかりました。そこで、体外受精にトライしましたが、上手くいかず・・・。その時はまだ30代前半で、医師からは治療を継続するように勧めかれたのですが、副作用が不安なのと、精神的にも辛くて治療をとめてしまいました。一度は諦めた妊娠ですが、40代を目前にして「後悔したくない」と体外受精による治療を再開。しかし以前と比べて生理痛がひどく、体調もいまいち。そこで体を整えようと漢方を始めることにしました。   

-漢方を始めてどうでしたか?

緊張をとり、血行を良くするような漢方と、卵巣機能を強くするような漢方をアドバイスしていただき飲み始めると、すぐに手足があたたかくなり、生理痛も軽くなりました。それでも結果が出ず、諦めかけたこともありましたが、夫が「漢方を始めてから元気になった」と言ってくれて、体調が良くなった実感もあったので飲み始めました。

-妊娠・出産は?

漢方を始めて2年、ついに妊娠!信じられない気持ちでした。出産した時は「長い戦いが終わった」と思いました。

-今のお気持ちは?

赤ちゃんは本当にかわいいです!誠心堂の先生やスタッフには感謝の気持ちしかありません。
今後も体調で気になることがあれば、誠心堂に相談したいです。

(6月17日 新浦安店にて取材)
明光企画 浦安新聞 平成27年8月28日号掲載
取材協力:明光企画