お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 不妊治療

■漢方で万全の体制をとり、1回の体外受精で妊娠
H・Mさん(34歳/浦安市在住)

代表取締役 西野 裕一 <<写真はHさんの赤ちゃんと誠心堂新浦安店のスタッフ

-漢方を始めるきっかけは?

自然にまかせていたら、気がつけば30歳。結婚して5年がたっていました。 勇気を出して病院へ行くと、自然妊娠は難しいと言われてしまいました。そこで、人工授精を試してみることにしたのですが、医師から卵子がうまく育っていないと言われてしまい…。本当にショックで、どうしていいか分からず、浦安新聞で知っていた誠心堂に駆け込んだのです。   

-どんな漢方を?

誠心堂では、基礎体温が高過ぎることから、体に熱がこもりやすく、良い卵を育てるための潤いが足りない体質と言われました。そこで、体質と生理周期に合わせた煎じ薬をアドバイスしていただきました。

-妊娠・出産は?

漢方を飲み、体調に自信がついたので、体外受精をしようと覚悟を決め、採の3カ月前からは夫も漢方を飲んで、二人で体調を整えました。 採卵したら、いい卵子がたくさん採れたんです! これは漢方のおかげだと思っています。そして受精卵を体内に戻した後、すぐに誠心堂で着床を助けるための鍼をうち、無事妊娠! 妊娠中も漢方を飲み続け、陣痛がきたとき、病院に行く前にも漢方を飲んで元気をもらい、無事出産しました。

-今のお気持ちは?

不妊治療は辛かったですが、夫とたくさん話をして、一緒に漢方も飲んで、夫婦の絆が強くなったと思います。

(7月27日 新浦安店にて取材)
明光企画 浦安新聞 平成27年9月25日号掲載
取材協力:明光企画