お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 不妊治療

■2度の流産を乗り越え、自然妊娠できました

I・Mさん(41歳/江東区在住)

代表取締役 西野 裕一 <<写真は浅草橋店のスタッフとIさんのかわいい赤ちゃん

-漢方を始めるきっかけは?

30代半ばで流産を経験。その後40代を前に2度目の流産をしたとき、医師から「不育症の可能性がある」と言われました。 不妊についての本は多いのですが、不育症については情報が少なく、心細く思っていたとき、「漢方を試してみては」とお医者さんに言われたんです。そこで、ネットでいろいろ検索していたところ、誠心堂のホームページを見つけて、来店しました。

-漢方を始めてどうでしたか?

ホルモンバランスを整える漢方を飲み、誠心堂の先生の勧めで鍼灸も併用したところ、すぐに平熱が上がり、汗をかくようになりました。 1カ月くらいで経血量が増え、子宮の内膜が厚くなっているんだと実感しました。 

-妊娠・出産は?

漢方を始めて9カ月で自然妊娠。しかしこれまでの経過を考えると、とても不安で、妊娠後も安胎のために漢方と鍼灸を継続しました。出産したときは本当に安心して、「良かった」と言う言葉を繰り返していました。

-今のお気持ちは?

すぐには結果が出ず、途中辛いときもあったけれど「1年間は頑張る」と決めて、漢方を飲み続けました。漢方のおかげで、自分の体にきちんと向き合うことができました。不育症かもしれない人には、漢方を試してみることをおすすめしたいです。


(5月19日 浅草橋店にて取材)
明光企画 葛西新聞 平成27年10月16日号掲載
取材協力:明光企画