お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 不妊治療

■煎じ薬を飲み、40歳で体外受精に成功「産後の不調も漢方で改善しました」

Uさん(41歳)は、ご主人が男性不妊と診断され、体外受精を始めることに。自身も体質改善をしようと誠心堂を訪れました。6カ月掛けて体調を整え、受精卵を移植したところ無事着床し、妊娠へ。産後も漢方を使い、体調管理に徹しています。

代表取締役 西野 裕一 <<不妊に関する不安や悩みなど、私たちに話してください(船橋店スタッフ)

-誠心堂を訪れたきっかけは?

結婚して15年。子どもを授かるなら年齢的にもギリギリだと思い、病院で検査を受けることに。そこで、主人が男性不妊だと診断され、医師からも「自然妊娠は難しい。体外受精にしたら」と勧められて戸惑いました。けれど、どうしても諦めきれず治療を決意。私自身も体質を整えようと訪れたのが、誠心堂でした。

-ご主人も誠心堂にいらしたようですね

直接先生からアドバイスを受けた方が良いかと思って。そのおかげか、自分から漢方の錠剤を飲み始め、病院での検査結果も改善したと聞いています。

-奥さま自身漢方を飲んでいかがでしたか?

漢方の煎じ薬を服用し、早いうちから冷え症が解消し、基礎体温グラフもキレイな2層になりました。その間、2回採卵を行い、1回目は着床せず。次もダメだったら諦めるつもりでしたが、体調も整ってきたためか、この時はうまくいき、無事に妊娠できました。

-誠心堂を訪れていかがでしたか?

他ではできないプライベートな相談にも答えてくれたので、深刻にならずに済みました。また夫婦で店舗に行ったことで、自宅でも不妊について話し合うきっかけになって良かったですね。産後からホルモンバランスの乱れが続き、眠れない日があったため、現在は漢方を再開。ずいぶん落ち着きました。授乳中でも問題のない生薬を選んでいただけるので、安心して飲んでいます。
 
(10月14日 船橋店にて取材)
ニューファミリー新聞 平成27年11月13日号掲載
取材協力:ニューファミリー