お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 不妊治療

■体外受精をすすめられた私が、自然妊娠できました

K・Sさん(34歳/市川市在住)

代表取締役 西野 裕一 <<写真はNさんのかわいい赤ちゃんと行徳駅前店のスタッフ

-漢方を始めるきっかけは?

結婚から1年がたっても、子どもを授からないので、婦人科の病院へ行きました。そこでは、多嚢胞性卵巣症候群だと言われ、体外受精をすすめられました。病院によって治療も違うのではと、違う病院にいったところ、今度は、卵子を大きくする注射をすすめられました。でも、副作用として卵巣が腫れることもあると聞いて不安に…。 体に負担がかかることはしたくないし、30代になって体が変わってきたように感じていたので、東洋医学で体を見直そうと思い、誠心堂に相談してみることにしました。

-漢方を始めてどうでしたか?

もともと生理不順で、貧血もあったので、血流改善の漢方と、女性ホルモンを補う漢方をアドバイスしていただきました。まず半年続けてみてほしいと聞いていたのですが、飲み始めて1、2カ月で、基礎体温が整うようになり、冷えも改善。体調がよくなっていくのを実感できたので、がんばって続けようと思いました。

-妊娠・出産は?

漢方を始めて1年半で自然妊娠! 漢方・鍼灸は、妊娠中もトラブル防止のため継続。鍼を打つと体が温まるし、ひびく感じが好きでした。出産は、初産とは思えないほどの安産でした。

-今のお気持ちは?

なかなか結果が出ずに焦ってしまうこともありましたが、誠心堂の先生と話すことで、精神的にすごく楽になりました。漢方と先生を信じて飲み続けてよかったです。


(5月24日 行徳駅前店にて取材)
明光企画 行徳・葛西新聞 平成27年11月20日号掲載
取材協力:明光企画