お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 不妊治療

■夫婦二人三脚で漢方と鍼灸治療に取り組み、卵の質と精子運動率の低下を改善、自然妊娠へ!

肌の調子を整えたいと、誠心堂を訪れたAさん(35歳)。同時に不妊症も相談したところ、それぞれ体質改善をすることに。肌の調子が落ち着くと共に妊活にも積極的に取り組んだところ、鍼灸と漢方の力で見事自然妊娠できました。

船橋北口店のスタッフ <<由町先生に抱かれたTちゃん(8カ月)を囲む同店スタッフ

-誠心堂を訪れたきっかけは?

アトピーに悩み、不妊についても年齢的に焦っていました。西洋薬には頼りたくないと考えていた時「体の中からの改善を促す」という誠心堂の看板に引かれ、相談に伺いました。

-漢方以外に鍼灸も受けたそうですね

肌が落ち着いたところで、妊娠に向けた鍼灸で体質改善を始めました。鍼灸院の由町先生から「胃腸が弱っている」との指摘を聞き、さっそく施術を受けたところ、体調が良くなって気持ちも前向きに! 自分に合っていると感じ、続けようと決心しました。  当時、病院で卵巣年齢が41歳と診断され、人工授精を勧められたのですが、鍼と漢方の相乗効果で体調が整ったためか、後に自然妊娠を3回経験することに。残念ながら最初の2回は流産でしたが、間を置かずに迎えた3度目の妊娠で無事出産を迎えました。

-ご主人も漢方を飲まれていたとか

病院で検査を受けた時、精子の運動率が良くないと言われ、誠心堂の〝精子の質を高める〟動物性漢方薬を飲むようになりました。8カ月後の検査で問題なしとされ「主人も頑張ってくれたんだ」と、うれしかったですね。

-誠心堂を訪れ、改めていかがでしたか?

鍼灸の先生には、毎回脈や舌を見てもらい、客観的なアドバイスには何度も勇気づけられました。体に合った鍼や漢方を見立ててもらえたことで、今の私やわが子があるのだと思います。

(2月15日 船橋北口店にて取材)
ニューファミリー新聞 平成28年4月8日号掲載
取材協力:ニューファミリー