お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 不妊治療

■病院で閉経状態とまで言われた私が、漢方を2カ月飲んで自然妊娠!

H・Sさん(38歳/市川市内在住)

行徳駅前店スタッフ <<Hさんのかわいい赤ちゃんと行徳駅前店のスタッフ

-漢方を始めるきっかけは?

結婚後、赤ちゃんが欲しいと思って病院に通い、タイミングを見てもらっていました。何回目かの検査で、医師から「卵巣機能が低下していて、卵子の数が少なく閉経に近い状態です」と言われました。体外受精しか方法がないとも言われ、あまりにショックでその時のことをよく覚えていないほど。もう妊娠はできないのだろうかと不安でいっぱいに。そんなとき誠心堂の漢方を最後の望みと、来店しました。

-漢方を始めてどうでしたか?

血行をよくし、卵巣機能を高める漢方を体質に合わせて選んでもらいました。お通じの状態がよくなり、基礎体温も少しですが整い始めました。先生もスタッフも悲観的なことは言わずに、いつもあたたかい言葉をかけてくれました。先の見えない不妊治療で知らず知らずのうちにたまっていたストレスから、救われた思いがしました。

-妊娠・出産は?

漢方を飲み始めて、たったの2カ月で自然妊娠! 妊娠が分かったときは、とにかく驚きました。だっていつ閉経してもおかしくないと言われた私が、こんなに早く妊娠できるとは思ってもみなかったからです。出産して赤ちゃんの泣き声を聞いた時は嬉しくて涙が止まりませんでした。

-今のお気持ちは?

先生の励ましが本当に支えになりました。今悩んでいる人には、閉経状態と言われた私でも妊娠できたのだから、負けないでと伝えたいです。


(5月29日 行徳駅前店にて取材)
明光企画 行徳・浦安・葛西新聞 平成28年7月1日号掲載
取材協力:明光企画