お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 不妊治療

■4回続いた流産の悲しみを乗り越え半年で自然妊娠「漢方を信じて良かった!」

結婚後3年目から始めた病院の不妊治療で体外受精などを行うも、思ったような結果が出なかったというKさん(34歳)。わらにもすがる思いで誠心堂を訪れ、勧められた漢方を飲み続けたところ、体質が改善し、半年で自然妊娠しました。

funabashi <<すくすくと成長している娘さん(11カ月)を抱く店長の塩野先生



-漢方を始めていかがでしたか?

病院で治療を始めてからの3年間は、人工授精や体外受精後の結果にがっかりしてばかり。そんな時、同僚の勧めで誠心堂を知り、カウンセリングを受けてみることにしました。「まずは6カ月、様子を見てみましょう」という言葉や、丁寧なアドバイスに背中を押され「先生を信じて漢方を試してみよう」と、気持ちを切り替えられるようになったのです。

-漢方を始めてから体調の変化は?

もともと冷え症や生理痛、肩こりの症状に悩んでいましたが、日々の体調に応じた煎じ薬と、妊娠しやすい体のためにとオリジナルプラセンタドリンクを服用するうちに、少しずつ症状が軽減され、悩みが解消されるなどの効果が実感できました。また、先生からの指示で毎日基礎体温を記録するうちに、体の変化が分かるようにもなりました。

-妊娠・出産は?

心機一転し、焦らず、のんびりと構えていた矢先に自然妊娠が判明し、自分自身が一番驚きました。過去4度の流産経験から「赤ちゃんの顔を見るまでは安心できない」という不安はあったものの「今まで漢方を信じて良かった」という安堵の気持ちも大きかったです。出産まで、夫が心の支えになってくれたのもうれしかったですね。

-今後は?

漢方のおかげで手に入れた健康的な体を維持しながら、二人目のために、妊娠・出産の準備をしていきたいです。



(8月19日 船橋店にて取材)
ニューファミリー新聞 平成28年9月9日号掲載
取材協力:ニューファミリー