お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 不妊治療

■「なかなか授からずに不安だった日々…。でも漢方を続けて第2子も無事妊娠!」

T・Rさん(38歳/市川市在住)

staff <<かわいいTさんの赤ちゃんと行徳駅前店のスタッフ


-漢方を始めるきっかけは?

1人目を希望した時に、誠心堂に相談し、漢方を飲み始めて1カ月で妊娠しました。  その子が2歳になって、そろそろ2人目をと思ったのですが、なかなか授からず…。基礎体温も安定しておらず、上の子の子育てと仕事の両立で疲れていて、まず体調を調えた方がいいのかなと思って、また誠心堂に相談することにしたんです。


-漢方を再開してどうでしたか?

仕事がらストレスも多かったので、自律神経を整えストレスを和らげるような漢方と、周期に合わせて卵子の質を高め、妊娠力をあげるような漢方をアドバイスしていただいたところ、短かった高温期が長くなってきました。
でも、30代後半という年齢のせいか、上の子のようにすぐに結果は出ず。将来の子育てのことを考えると早めに産まないと体力的にもきついだろうなとか、周りはみんな2人目がいるのにとか考えると、かなり焦りました。
そんな時、誠心堂のスタッフは「焦らないで、大丈夫だよ」と励ましてくれるので漢方を続けることができました。


-妊娠、出産は?

妊娠がわかったのは、漢方を始めて1年2カ月後。後半は夫も漢方を飲み始めたので、それも良かったのかもしれません。安定期まで漢方を飲み、無事に出産。赤ちゃんの顔を見た時はほっとしました。上の子も、夫もとても喜んでくれました。



(12月14日 行徳駅前店にて取材)
明光企画 行徳・浦安・葛西新聞 平成29年1月27日号掲載
取材協力:明光企画