1. ホーム
  2. 不妊治療

■「2人目を授からず焦っていた私。漢方を飲み始めて2カ月で妊娠!」

Hさん(35歳/浦安市内在住)

staff <<Hさんと談笑する新浦安店のスタッフ


-漢方を始めるきっかけは?

いつか欲しいなぁくらいに思っていた2人目。でも、周囲から「2人目はまだ?」と聞かれたり、第2子を出産する人が増えてきて、プレッシャーを感じるように。
そんなとき、妊娠したものの流産…。そこで、1人目のときもお世話になった誠心堂にもう一度相談しようと思いました。


-漢方を始めてどうでしたか?

1人目の時、漢方を飲んだら基礎体温が整い、疲れにくくなった実感があったので、漢方の力は信じていました。
そして、再び煎じる漢方を飲み始めたところ、流産後の子宮の回復が良くなったのか、2カ月後には自然妊娠できました。

c

-妊娠中は?

直前の流産の経験から不安があったので、とにかく安静にしたかったのですが、仕事も、上の子の世話もあったので、そういうわけにもいかず…。漢方を飲んでいれば大丈夫とお守りのように思って出産直前まで飲んでいました。
無事に生まれてくれるのが目標だったので、出産した時は本当にうれしかったです。


-今のお気持ちは?

下の子が生まれて、上の子も楽しそうで、毎日賑やかです。
2人目を望む人は、1人目のときよりも年齢があがっていて、育児も忙しく、思いのほか疲れもたまっているのだと思います。だから、2人目がなかなか授からずに悩んでいる人には、漢方で体調を整えることをおすすめしたいです。



(9月3日 新浦安店にて取材)
明光企画 行徳・浦安・葛西新聞 平成29年11月3日号掲載
取材協力:明光企画