1. ホーム
  2. 不妊治療

■「流産を乗り越え、妊娠から出産まで支えてもらいました」

Kさん(32歳/浦安市内在住)

staff <<かわいいKさんの赤ちゃんと新浦安店のスタッフ


-漢方を始めるきっかけは?

夫婦2人とも子どもが好きで、結婚当初から欲しいと思っていたので、病院に行ったのですが、なかなか妊娠できず。仕事をしながら病院に通うのは負担でしたし、夫婦共に特に問題はないということだったので、どうしようかと情報収集しているうちに漢方で体質改善するのがいいのではと思い、誠心堂で相談してみることにしました。


-漢方を始めてどうでしたか?

通院時から、基礎体温がガタガタで排卵のタイミングが分かりにくかったのですが、煎じる漢方を飲み始めて3カ月ほどで整い始めました。また冷え性も楽になり、体が変わってきた実感がありました。

-妊娠・出産は?

漢方を始めて4カ月で妊娠しましたが流産。落ち込む私を誠心堂の先生が励ましてくれました。妊娠できる力はついてきたんだ!と考えて、漢方を続けました。そしてその3カ月後に自然妊娠!つわりがひどかったのですが、安胎のためにも漢方は続けたくて、煎じ薬から錠剤に替えて飲み続けました。そして、陣痛時には夫に腰をさすり続けてもらい出産。無事に生まれてきてくれて嬉しかったです。


-今のお気持ちは?

赤ちゃんのいる生活は忙しいけれど、とても楽しく充実しています。先生やスタッフのみなさんには本当に親身に支えていただきました。2人目で困った時には誠心堂にお世話になりたいです。



(9月2日 新浦安店にて取材)
明光企画 行徳・浦安・葛西新聞 平成29年12月1日号掲載
取材協力:明光企画