1. ホーム
  2. 不妊治療

■「誠心堂で心身のサポートを受け、挫折していた妊活を再開し、妊娠・出産」

K・Mさん(38歳/浦安市在住)

staff <<Kさんのかわいい赤ちゃんと新浦安店のスタッフ


-相談のきっかけは?

結婚4年目で妊活を始めて、排卵誘発剤を試すも結果が出ず、心身とも落ち込んだ時期でした。誠心堂の店頭の看板の『不妊相談』を見て、あっ漢方もあるんだ…と思って。


-その頃の様子は?

看護師で、夜勤もあり忙しくしていたせいか、冷えや、腹痛・下痢など胃腸の症状に悩んでいました。また、高温期が短く低温期との差があまりない状態でした。誠心堂の先生には、体質的に気や血が足りない状態のせいだと言われ、気や血を増やす漢方をアドバイスしてもらいました。
じっくり悩みや心配を聞いてもらっているうちに、また妊活に再チャレンジしようと前向きな気持ちになれました。

-漢方を始めてからは?

漢方を続けて3回目の体外受精で妊娠。時間が取れない時は電話で相談できたのも、中断することなく漢方を続けることができた一因だと思います。
精神的なサポートのほか、脈診や舌のチェックなどで、その時々の体の状態に合わせた漢方で体調が整ったことが、良い結果につながったのだと思います。


-妊娠中の体調は?

初期に切迫流産でかなり出血があったので、子宮に血を集め、赤ちゃんの発育が良くなるように出産するまで漢方を飲み続けました。その後は体調も安定して、仕事も出産間際まで元気に続け、無事出産!本当にうれしかったです。



(11月10日 新浦安店にて取材)
明光企画 浦安新聞 平成30年1月1日号掲載
取材協力:明光企画