1. ホーム
  2. 不妊治療

■「赤ちゃんの声を聞いたら涙が溢れてきました!」

K・Aさん(38歳/江戸川区在住)

staff <<坂本先生との和やかな相談風景


-漢方を始めたきっかけは?

結婚して1年、子どもがほしいと思ってから3年が経っても、なかなか妊娠できず、婦人科を受診したのですが、原因は分かりませんでした。そんな時、知人が誠心堂で漢方を飲んでいて、妊娠したと聞いたんです。
当時、私は胃腸の弱さにも悩んでいて、特に夏は痛みがひどくて…。そこで、まずは胃腸を改善しようと来店しました。


-漢方を始めてどうでしたか?

漢方を飲み始めて半年。気がつくと、仕事も手につかないほどだった胃痛が気にならなくなっていました。そこで、誠心堂の坂本先生に妊娠もしたいこと伝え、漢方の内容を調整してもらいました。すると、冷え性も改善し基礎体温もキレイに。
その後、人工受精しても妊娠できず。辛くて途中で何度もやめようと思いましたが、坂本先生が何でも話を聞いてくれて続けていくことができました。

-妊娠・出産は?

漢方を始めて2年経ったある時、夫が「体外受精してみよう」と言ってくれたんです。私は不安でしたが1回で着床、妊娠! 漢方で体を整えていたおかげだと思いました。出産し、赤ちゃんの声を聞いたら涙が溢れてきて…。顔を見た時はそれまでのことを思い出して、さらに涙が止まらなくなりました。
諦めずに続けられたのは、誠心堂のスタッフの皆さんのおかげ。感謝の気持ちでいっぱいです!



(6月22日 西葛西店にて取材)
明光企画 葛西新聞 平成30年1月1日号掲載
取材協力:明光企画