漢方薬 誠心堂
  1. ホーム
  2. 中医不妊症
  3. 知っていますか?妊活に大切な「腎精」の話

知っていますか?妊活に大切な「腎精」の話

漢方で不妊症トップ画像

女性も男性も妊活には『腎』が大切です。
若さの源、「腎精(じんせい)」をチャージしましょう。


〜2000年の歴史が証明する確かな知恵「腎精」〜

腎精『腎』は妊娠を望む男女にはにとても大切なキーワードです。腎は若さを保つ命のエネルギーのこと。これは、「アンチエイジング」という言葉で、美容にも健康にもよく使われています。中医学の世界では2000年前の昔からごく普通にあった考え方で、妊活においてはこの「腎精」がとても重要な鍵となります。

中医学において、腎には生命エネルギーの根源となる腎精が宿るとされます。腎精は組織や器官を構成し、「気」「血」「津液」などとともに、生命活動や生理機能を維持しています。中医学では古くからこの腎精の変化が「誕生〜発育~成長~老化~死」という人の一生に深く関わっていると考えられてきました。加齢により、腎の力はカーブを描きながら衰えていき、年齢によって気になる症状が現れやすくなります。この状態を「腎虚」と言います。腎は生殖機能とも深い関りを持っており、若々しさという命のエネルギーを保つことが、妊娠のために必要になってくるのです。

中医学の視点からいうと「アンチエイジング」とは、腎の衰えのカーブをいかにゆるやかにしていくかということです。それには、腎精の維持や補充が役立つと考えられてきました。腎精が不足して腎虚の状態になれば、身体の不調が出やすくなり、閉経が近づくと更年期特有の症状などがみられるようになります。更年期障害は女性のみではなく、男性にも現れる場合があります。漢方や鍼灸、薬膳などで身体を整えバランスよくしておくことが大切です。


「腎精」を生かした妊活を

腎精とは生命エネルギーであり、人体の活動や機能を支える重要な物質のことです。また精には二種類あり、一つを「先天の精」、もう一つを「後天の精」と言います。


dot「先天(せんてん)の精」 父母から受け継いだ生命エネルギー。母親のお腹の中の胎児時期から存在。
dot「後天(こうてん)の精」 生後、主に飲食物から補う精。


出生時に「先天の精」を授かって生まれ、出生後、主に飲食物から「後天の精」が補われます。成長と共に、「腎精」の気が充足して満ちていくと、「天癸(てんき)」と呼ばれる物質を産生し、「天癸」は生殖器を発育させ生殖能力を高め、女性は月経、排卵、妊娠、出産ができ、男性は精子を産生すると考えられています。
ここで理解しておきたいことは、腎精は貯蔵するだけではなく、日々消費されるものだということです。生命活動をしているだけで消化される腎精ですが、睡眠不足やストレス、バランスの悪い食生活などは精を減らし、精を浪費していることになるのです。

また、出生後、幼少期より虚弱体質や発育不全ある場合は、先天の精の不足も考えられます。これは精子や卵子の頃~受精卵~胎児~出生までの、父母の腎精不足や体調不良などが考えられます。赤ちゃんという一人の命を産み育むためには、日々の食事や睡眠などの生活がとても大切だということです。


日々減りつつある「腎精」を補うには

腎精私たちの生命活動にとても大切な腎精ですが、生命活動をしているだけで日々消費します。けれど、この腎精は補うこともできるのです。腎精を充足するためには、理にかなったバランスの良い食事・睡眠・運動が大切です。この三つは普段の生活の中で自分なりに心がけることができます。現代はセルフメディケーションが注目されていますが、予防医学は自分自身の健康に責任を持ち、より充実した人生を送るためにも意識を高めておくべきことです。

そして、更に取り入れて頂きたい方法が「漢方」と「鍼灸」と「薬膳」です。腎のバランスが崩れると、妊娠する力、妊娠を継続する力が弱まることから、不妊症では腎の機能を高め、腎の陰陽のバランスを調整することを一番に重視します。妊娠力の高い体を作るために漢方や鍼灸、薬膳は有効ですので妊活のためにパートナーと一緒に取り入れることをお勧めします。



>> 「誠心堂の補腎活血」へ



「あなたは今、どんなことでお悩みですか?」もくじ

  1. 年齢が気になる
  2. 生理痛ありますか?
  3. おりものありますか?
  4. 月経前症候群(PMS)から読み解く
  5. 高い?低い?気になるAMH
  6. きれいですか?BBT基礎体温グラフ
  7. もしかして、男性不妊?
  8. 病院でできること。漢方と鍼灸に出来ること。
  9. 知っていますか?妊活にとても大切な腎精の話し。
  10. 誠心堂の補腎活血
  11. 誠心堂の三焦調整法
  12. 誠心堂の周期療法
  13. 誠心堂の着床鍼