こんにちは。
いよいよ本格的な冬の到来ですね。
気温の低下に伴って、冷えに関するお悩みが特に増える時期です。
冷えは万病のもと。漢方の「温活」で自分の体質に合った対策を
取っていきましょう。

【タイプ別 冷えの主な原因】
○女性に多い「気血不足」の冷え
「血」は栄養、潤いだけでなく体温を全身に運ぶ働きがあります。
「気」は身体を温める働きや、血流をスムーズに推し進める働きがあります。
気血が不足していると身体のすみずみまで体温が行き渡らず冷えが起こりやすく
なります。月経がある女性は特に気血不足を招きやすいので対策が必要です。

○痛みやしびれを伴う「血行不良」の冷え
要因はストレス、運動不足、不規則な生活、食の不摂生などさまざま。
血流が悪いと頭痛、生理痛、腰痛、関節痛などを引き起こす原因になります。
さらに冬は寒さで血管が収縮して、血流が滞りがちになるので要注意です。

○高齢者に多い「陽気不足」の冷え
陽気の源は漢方でいう「腎」、腎の働きが弱くなると陽気不足=温める力の低下
に繋がります。手首や足首まで冷たくなるような強い冷えを感じる方は、陽気が
不足しているサインと考えて積極的な対策が必要です。

他にも疲れを感じやすい「胃腸虚弱の冷え」、強い冷えを感じていなくても
実はカラダが冷えている「隠れ冷え性」などもあります。
寒い季節の一時的な対処ではなく、根本からの体質改善をおすすめします。

当店では経験豊富な中医学アドバイザーがお客様の体質を詳しく確認して
改善に向けて全力でサポート致します。
ぜひ一度ご相談にお越しください(その際はご予約を頂くとスムーズに
ご案内できます)

スタッフ一同お待ちしております。