漢方薬 誠心堂

お問合せ 10:00~18:00

0120(808)940

  1. ホーム
  2. 風邪(かぜ)

風邪

風邪について

風邪「風邪は万病の元」とはよく耳にする言葉ですが、風邪をきっかけに様々な病気につながることもあるので、あらかじめ予防したいですね。中医学による漢方の考え方では、「気」がしっかりしていていれば、身体を衛ることができ、邪気は入ってこないと考えます。それは、風邪の原因、風邪(ふうじゃ)から気が身体を衛ってくれるからです。仕事や日々のストレスをはじめ、年末になると、家の大掃除、忘年会などで、多忙な日々が続き、体調を崩しやすくなります。忙しいと「気」を消耗してしまい、寒さに弱くなり風邪・インフルエンザなどにもかかり易くなります。まさに「病は気から」と言うことです。漢方で「気」を増やして肌表を固め、抗病力・免疫力を高めることで元気を維持しましょう。

概要

中医学では風邪(かぜ)は、風邪(ふうじゃ)を感受することによって引き起こされる外感疾患です。

臨床表現

くしゃみ、鼻汁·鼻閉(鼻づまり)、咽頭痛、咳、痰等の呼吸器症状、発熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感等の全身症状、などは様々な症状が組み合わさり表面化する風邪(かぜ)症候群と呼びます。これらは四季を通じて発生しますが、気候の変化を感じやすい春や冬に多い傾向があります。

原因

一般的に風寒・風熱が最も多く、梅雨に湿邪、夏季に暑湿の邪、秋季に燥邪により風邪を引き起こします。
季節特有の邪気は軽症、季節外れの邪気は重症と言われます。

外邪(六淫)
• 風邪(ふうじゃ) 春
• 寒邪(かんじゃ) 冬
• 暑邪(しょじゃ) 夏
• 湿邪(しつじゃ) 梅雨
• 燥邪(そうじゃ) 秋
• 熱(火)邪(ねつじゃ)

環境(季節、地域など)により邪の種類は異なります。それぞれの邪に対する対策(薬の調合や方法、経穴など)や養生方法を心得ておくことで予防に役立ちます。

病機(メカニズム)

*1衛気の強弱と邪気の軽重がポイント。

※1 衛気(えき)とは、体表では外邪の侵入を防ぎ、外邪(季節や環境の変化のために起こる害)の侵入を防いだり、身体に入ってきた外邪を追い出すもので、気の防御作用を担っています。また、衛気は体温や発汗という、身体の温度調節に深い関りがあります。

基本病機

衛気虚弱(えいききょじゃく)
衛気虚弱とは、身体を衛る気が弱まり病気にかかりやすい状態。免疫機能が弱まり、肺衛の調節機能を失調すると、外邪はこれに乗じて衛表を襲うため、発病しやすくなる。異常気象などで六淫の邪が猛威をふるう場合には、衛気虚のケースでは、発病率が高くなる。

体質素因

不規則な生活、防寒不備、疲れ、特に、体質が弱く*2衛外不固のものが、少しの注意を怠ったとき、虚体風邪(かぜ)となる。また、要因が重なることでも発病しやすくなる。

※2 衛外不固とは、衛気の働きが低下して、気や津液の固摂(調節)が上手く出来なくなる状態を言います。

経路

① 口鼻―風邪(ふうじゃ)は上に上がり発散する性質があるため上焦を犯すとされる。
② 皮毛―肺は皮毛に合し、衛外を司るため、衛気不足があると簡単に侵入する。
肺は呼吸を主る。肺は鼻のつまりをよくし、外は皮毛に合し、衛外を司る。
外邪が口鼻或いは皮毛から侵入し、まずは肺衛が邪気の襲撃を受ける。
外邪の感受で、衛表不和及びすぐ上焦肺系の症状が現われる。

→表衛不和が主となり、悪寒、頭痛頭重などが現れる。肺気不宣となり、鼻詰まり、鼻水、咳、喉頭痛などをもたらす。

よくみられる証型

表1
常見証型 風寒 風寒湿邪を感受すれば、皮毛が閉塞し、邪は肺に鬱滞し、肺気不宣となる。
風熱暑燥を感受すれば、皮毛が疏泄不暢となり、邪熱は犯し肺失清粛となる。
風熱
暑湿
虚人風邪 気虚 素体陽虚では風寒の邪を感受しやすく、寒の症状が出やすい。
素体陰虚では風熱の邪を感受しやすく、熱の症状が出やすい。
陰虚

「風邪」 中医学漢方は弁証論治で考える

弁証論治療の考え方

中医学には「弁証論治」と呼ばれる独自の診断方法があります。弁証論治とは、病人の複雑な症状を中医学の診断方法を運用して分析・総合し、どのような種類の「証」かを判断することです。

● 弁証 ●

*外邪がどのタイプかを判断する
*外邪が患者のどこまで(病位)入りこんだかを判断する
*患者の体質(虚実)や偏りを判断する
*患者の訴え(頭痛、咳、痰、腹痛、下痢など)を考慮する

風邪(かぜ)の臨床表現は衛表不和と肺気失調の症状が主である。病程は5~7日。
衛表不和―悪風、悪寒、発熱、頭痛、頭重、倦怠感
肺気失調―鼻塞、鼻水、くしゃみ、咽痛、喉が痒い

一般的な風邪(かぜ)は軽度で伝染もすくない。
季節的な風邪(かぜ)は流行性があり、突然悪寒や高熱、痙攣や全身症状が現れる特徴があります。しかも、裏に入り熱化して別の病気に発展することもある。

風邪(かぜ)の治療は解表達邪を原則とし、風寒であれば辛温解表、風熱であれば辛涼解表、暑湿であれば清熱袪湿解表の方法を用いる。虚弱体質の風邪(かぜ)の場合は扶正と解表を組み合わせる。

● 論治 ●

それぞれの治療(処方、生薬)を決定する

表2
証型 治法 方薬
常見証型 風寒 辛温解表 葛根湯
麻黄湯
風熱 辛涼解表 銀翹散
暑湿 清暑袪湿 藿香正気散
虚人風邪 気虚 益気解表 参蘇飲
陰虚 滋陰解表 麦門冬湯

「風邪」の弁証論治

一口に風邪と言っても、弁証論治では「風寒証」「風熱証」「暑湿証」「虚人風邪」に分類できます。またそれぞれの証の中も、細かく種別されて治療方法が決定されます。

herb風寒証

秋・冬にぞくぞくと悪寒を感じることが増える。
体が冷える、厚着しても寒く感じ体を温めても発汗しないなどの症状を特徴とする。

症状

悪寒、発熱、発汗しない、頭痛・肩こり、筋肉や節々の痛み、口が渇かない或いは温かいものを飲みたい、鼻水、クシャミ、喉が痒い・咳、舌苔薄白、脈浮或いは浮緊。

証候分析

外から人体に侵入する風寒の邪が肌表に溜まって衛陽を鬱滞すると、悪寒・発熱・発汗できないなどの症状が現れる。
清陽不振(清陽が抑制されて展開することができないこと)のため、頭痛・肩こり、筋肉や節々の痛みなどの症状が現れる。風寒を受け、肺気不宣して、鼻水、クシャミ、咳嗽になる。
寒は陰邪なので、口が渇くことはないが、口が渇いても温かいものを飲みたがる。舌苔薄白、脈浮或いは浮緊は表寒の症状である。

治療方法:辛温解表

  • 荊防敗毒散
  • 桂枝湯
  • 葛根湯
  • 麻黄湯
  • 小青竜湯

<荊防敗毒散:辛温解表、消瘡止痛>


【適応症状】
発熱、微寒、無汗或いは汗はすくない、風邪初期の表証及び表証伴う皮膚疾患の初期によく用いられる。また、副鼻腔炎(蓄膿症)、急性化膿性皮膚疾患の初期、湿疹・皮膚炎にも用いられる。

【処方解説】
荊芥・防風・生姜:辛温散寒
柴胡・薄荷:解表退熱
連翹・金銀花:清熱・解毒
川芎:活血散風・頭痛を鎮める
桔梗・枳殻・茯苓・甘草:宣肺理気・化痰止咳
羗活・独活:袪風散寒・兼除湿、筋肉や節々の痛みを改善

【注意事項】
辛温解表剤であるため、高熱、口の渇き、舌が紅い、外感風熱証及び、皮膚の赤み、皮膚が腫れる、皮膚が痛い等の熱毒証には禁じる

<桂枝湯:解肌発表・調和営衛>


【適応症状】
「虚証(きょしょう)」の風邪(かぜ)の初期に使われ、高齢者にも用いられる。「葛根湯(かっこんとう)」と違い、体力がない、胃腸が弱い、あるいは日頃から疲れやすく風邪(かぜ)をひきやすいなど、病気を体の外へ追い出す力が弱い「虚証」の人や高齢者に用いられる。頭痛、寒気、発熱(主に微熱)、のぼせ、軽いうなじのこわばりや体の痛みなど、皮膚が自然に汗ばむとき。「虚証」の人は体温が上がらず自然に汗をかき、熱があっても顔色が悪いことがある。

【処方解説】
桂枝:解表発汗、温経通陽(散・陽)
芍薬(白):酸収和営、養陰(収・陰)
生姜:桂枝の解表散寒作用を補佐
大棗:芍薬の和営養陰作用を補佐
甘草:諸薬の調和、芍薬と共に陰津を保護

<葛根湯:辛温解表・発汗・舒筋>


【主治】外感風寒・項背部のこわばり

【適応症状】 (体力中等度以上)
風邪の初期、寒気、汗は出ない、鼻風邪、頭痛、肩こり、筋肉痛、上半身の神経痛に用いる。 基本的に急性期に用いる薬のため、使うのは発病後1~2日が目安とされている。

【処方解説】
葛根:解表、昇津、潤筋
麻黄:解表、発汗、散寒
桂枝:温経通陽、解表散寒(一散)
芍薬:酸収和営、養陰(一収)
生姜:桂枝の解表散寒作用を補佐
大棗:芍薬の和営養陰作用を補佐
甘草:諸薬の調和
その中の、桂枝、芍薬、生姜、大棗、甘草が辛温解表・調和和営の桂枝桂枝湯となる。

<麻黄湯:発汗解表・宣肺平喘>


【主治】外感風寒(表実証)・肺気不宣

【適応症状】悪寒、発熱、頭痛・身体の痛み、無汗、咳・喘息、希薄な痰、口渇がない、 舌苔薄白、脈浮緊

【処方解説】
麻黄:宣肺平喘、発汗、発汗、散寒、解表
桂枝:散寒解表
杏仁:降肺止咳
甘草:麻黄、桂枝の薬性(辛散)を緩和、諸薬の調和

<小青竜湯:散寒解表・温肺化飲降逆>


【主治】外感風寒・水飲内停

【適応症状】悪寒、発熱、無汗、咳嗽、呼吸困難、希薄な痰、 舌苔潤滑、脈浮緊。

【処方解説】
麻黄:発汗解表、宣肺行水、
桂皮:散寒解表、麻黄と桂皮が合うことで、発汗・散寒・解表する。
芍薬:酸収和営、養陰
半夏:袪痰止咳
五味子:敛肺止咳
細辛:散寒止咳
乾姜:温肺化饮
甘草:諸薬の調和

herb風熱証

春・夏に多く見られる。発熱、のどが腫れて痛むなど上気道炎症の症状。

症状

身熱が比較的重く、微悪風、 汗がすっきり出ない、頭痛脹痛、咳嗽、痰黄粘稠、咽喉乾燥或いは咽喉・扁桃が赤く腫れて痛む、鼻塞、黄色い鼻水、口が渇き水分を求める。舌苔薄白微黄、舌尖紅、脈浮数。

証候分析

風熱が表を侵し、熱が肌に停滞すると、衛表失和して、身熱・微悪風・汗がすっきり出ない等の症状が現れる。風熱が上にあがってくることで頭痛脹痛になる。 風熱の邪が清道(気道)を燻蒸すると咽喉紅腫・口渇、黄色い鼻水になる、風熱が上に侵し肺失清粛すると、咳嗽・痰粘などは黄になる。舌苔白微黄、脈浮数は風熱が肺衛に侵入した症状である。

治療方法:辛涼解表

  • 銀翹散
  • 桑菊飲
  • 升麻葛根湯

<銀翹散:辛涼透表・清熱解毒>

【適応症状】 風熱犯衛
発熱、微悪風寒、汗が出ない、或いは汗がすっきり出ない、頭痛、口渇、咳嗽、咽喉紅腫疼痛、舌尖紅、舌苔薄白微黄、脈浮数。

【処方解説】
金銀花・連翹:軽宣透表、清解暑熱
荊介・淡豆豉・薄荷:辛散透熱達邪を強める
牛蒡子:袪風清熱・利咽
桔梗:宣肺利咽
生甘草:清熱解毒利咽
淡竹葉:上焦の清熱
芦根:清熱生津

<桑菊飲:疏散風熱・宣肺止咳>

本方は辛凉解表の軽剤に属し、風温初起の立法である。

【適応症状】 風熱犯肺
咳嗽、微熱、軽度の口渇、舌苔薄白、脈浮数

【処方解説】 《温病条弁》
桑葉・菊花:上焦の熱を疏散
薄荷:風熱を疏散
連翹:隔上の熱を清透
桔梗:宣肺、杏仁:降肺、昇と降で肺気を調整し宣粛を回復して止咳する
芦根:清熱生津止渇
甘草:諸薬を調和

<升麻葛根湯:辛涼解肌・透疹解毒>

【適応症状】 麻疹未発・透疹不暢
麻疹の透疹がみられないか発疹はあるが十分透発しない、発熱、悪風、頭痛、肢体痛、くしゃみ、目の充血、流涙、咽痛、口渇、舌質紅、舌苔乾燥、脈浮数

【処方解説】
升麻:風邪を除き清陽を昇らせ、辛涼解肌・透疹解毒
葛根:発散透疹し、腠理を開くと共に、津液を上承させ、昇麻を助け、辛涼解肌・透疹解毒をつよめる
芍薬:清熱涼血・活血、血絡の熱毒を清解する
生姜:解表散寒
甘草:諸薬を調和

暑湿証

夏の高温多湿の時期によくみられる。風邪(かぜ)・日本脳炎・流行性脳脊髄膜炎などの初期に見られる。

症状

身熱、やや悪風、イライラする、発汗しても解熱しない、咳嗽、粘稠な痰、鼻水が濁る、頭の脹痛、頭重、四肢、体が重くだるい、口の中が粘る。口渇しても水分を欲しがらない。小便は短く赤っぽい、舌苔黄腻、脈濡数

証候分析

夏は暑熱、高湿気であるため、表衛が暑湿の邪に犯され、表を損傷し表衛不和となると、身熱、やや悪風、汗が少なく、四肢、体がだるく重いなどの症状が現れる。
風暑湿が上昇し頭部を犯すので、頭の脹痛、頭重が出現する。
暑熱が肺を犯すと、肺気不清となり、咳嗽や粘稠な痰、濁った鼻水が出る。
暑熱が内を犯すと、熱が津液を傷め、心煩、口渇、小便が短赤となる。
湿熱が中阻すると、気機が不暢になるために、胸悶、吐き気、口の中が粘り気がある、乾いてもあまり水を飲みたくないなどの症状が現れる。舌苔薄黄腻、脈濡数は暑熱が湿を挟むことの症状である。

治療方法:清暑袪湿解表

  • 新加香薷飲
  • 清絡飲
  • 藿香正気散

<新加香薷飲:清暑解表・袪湿和中>


【適応症状】
身熱、やや悪寒、無汗、頭や身体が重くだるく痛む、胸苦しい、口渇、尿が濃く量は少ない、 舌苔白腻、脈濡数

【処方解説】 (温病条弁)
香薷:辛温芳香、発汗解表
鮮扁豆花:上焦の暑熱を除き、袪湿、健脾和
胃 金銀花:辛涼芳香、上焦の暑熱を除き
連翹:辛涼芳香、上焦の暑熱を除き
厚朴:理気袪湿、健脾和胃

<清絡飲:袪暑清熱>


【適応症状】
発熱・悪寒・口渇などが強くなく、頭がぼんやりする、めまい、軽度のむくみ、 舌質は淡紅、舌苔は薄白

【処方解説】 (温病条弁)
金銀花:辛涼芳香、袪暑清熱
鮮扁豆花:袪暑清熱
西瓜皮:清熱解暑・生津
絲瓜絡:清肺透絡、袪暑清熱
鮮荷葉辺:昇清陽・解暑湿
鮮竹葉心:清心利水、導熱下行

herb虚人風邪(虚弱体質の方の風邪(かぜ))

虚人風邪では特殊な臨床表現が見られる。体質虚弱者が外邪を感受すると、なかなか治りにくい。体質の差により、臨床表現が異なる。
陽弱の体質―風寒の邪を感受しやすい、風寒の邪を受けると、寒の症状が現れやすい。
陰弱の体質―風熱の邪を感受しやすい、風熱の邪を受けると、熱の症状が現れやすい。

症状

悪寒が比較的重い、発熱・無汗、肢体が重くだるい、倦怠、咳嗽、痰を出す力がない 舌苔淡白、脈浮無力

証候分析

素体気虚・衛外不固な体質で、風寒を外感しても気弱のため、邪気を外に追い出すことができず、悪寒が比較的重くなる。
風寒が肌表を外束すると、発熱・無汗となる。正虚で衛外不固で、肢体が重くだるい、倦怠、咳嗽、痰を出す力がない。舌苔淡白、脈浮無力

治療方法:益気解表

  • 参蘇飲
  • 玉屏風散
  • 麦門冬湯

<参蘇飲:益気解表・化痰止咳・理気和胃>


【適応症状】
悪寒、発熱、頭痛、鼻閉、咳嗽、胸が苦しい、腹満、舌苔白、脈弱

【処方解説】
紫蘇葉・葛根・生姜:散寒解表
前胡・半夏・桔梗:降気平喘、止咳化痰
人参:益気、扶正袪邪
茯苓:健脾、滲湿消痰
木香:行気、醒脾暢中
枳穀・陳皮:理気醒脾
甘草:調和諸薬 木香

<玉屏風散:益気固表止汗>


【適応症状】

悪風、自汗、顔色が白い、風邪をひきやすく治りにくい、舌苔薄白、脈無力

【処方解説】
黄耆:益気固表、肺気を補い、増強する
白朮:健脾益気
防風:風邪を袪除する

<麦門冬湯:滋陰解表>


【適応症状】
大逆上気、咽喉不利、逆を止め、気を下す者は麦門冬湯之を主る。
大逆上気とは、強い咳込みを “気”という目に見えないものが下から上に激しく逆上してくると表現した言葉と解釈できる。咳が中心、痰が切れにくい(喉乾燥)、舌紅少苔、脈細数

【処方解説】 (金匱要略)
麦門冬、半夏、粳米、大棗、人参、甘草

麦門冬:肺胃の陰を補い、肺胃の虚熱を解熱。 甘草・粳米・大枣:気を補い、胃を養う、人参と合わせ、胃津を養い、肺を強める。また、甘草は肺・咽喉を潤す。
半夏:逆に上がった気を降下し、痰を除く


まとめ

表3
証型 症状 舌脈 治法 方薬
常見証型 風寒 悪寒は重く、発熱は軽い、無汗、頭痛、関節痛、鼻閉、清い鼻水、薄く白い痰 舌苔薄白
脈浮或いは浮緊
辛温解表 荊防敗毒散
桂枝湯
葛根湯
麻黄湯
小青竜湯
風寒 身熱が比較的に重く、汗がすっきり出ない、頭痛脹痛、痰黄粘、咽頭痛、口渇く 舌苔薄白微黄
舌尖紅
脈浮数
辛涼解表 銀翹散
桑菊飲
升麻葛根湯
暑湿 身熱微悪風、少汗、四肢重だるい或いは痛い、口粘、胸悶、悪心、小水短赤 舌苔薄黄
脈濡数
清暑袪湿 新加香薷飲
清絡飲
藿香正気散
虚人感冒 気虚 悪寒は重く、発熱、無汗、倦怠無力 舌苔淡白
脈浮無力
益気解表 参蘇飲
玉屏風散
陰虚 身熱微悪風、少汗、心煩、口乾、少痰 舌紅少苔
脈細数
滋陰解表 麦門冬湯
風邪の初期症状に対する方剤の選択
発熱、悪寒、頭痛、背部のこり 葛根湯
高熱、悪寒、関節痛、無汗 麻黄湯
自汗、発熱、悪寒 桂枝湯
胃腸虚弱、気分すぐれない 香蘇散
悪寒、微熱、無気力 麻黄附子細辛湯
水様性のたん 小青龍湯
からせき 麦門冬湯
頭痛 川芎茶調散
長引いた風邪の症状に対する方剤の選択
寝汗、微熱(体力普通) 小柴胡湯
寝汗、微熱(体力やや低下) 柴胡桂枝湯
寝汗、微熱(体力低下) 柴胡桂枝乾姜湯
全身倦怠感 補中益気湯
食欲不振 六君子湯
粘調痰の多い咳 竹筎温胆湯
咳、痰、不眠、気分不快 小青龍湯
からせき 麦門冬湯
熱、咳、痰 滋陰降火湯