漢方薬 誠心堂
お問い合せフォーム
トップページへ戻る

高脂血症
食生活の欧米化が進むに連れて、日本人の高脂血症が増えています。脂質は糖質(炭水化物)やたんぱく質とともに、私達にとって必要不可欠な栄養素です。しかし、増えすぎると様々な病気を起こすもととなります。


【高脂血症(脂質異常症)
高脂血症(脂質異常症)とは、血液中に溶けている脂質の量が異常に増えている 状態をいいます。食べ過ぎなどによる過剰な脂質の摂取や、運動不足などにより 血液中の資質が多くなると、余分な脂質が血管壁に取り込まれ、動脈硬化を起こ します。

高脂血症(脂質異常症)には総コレステロールが高い「高コレステロール血症」、 悪玉コレステロールとよばれるLDLコレステロールが高い「高LDLコレステロール血症」、 善玉コレステロールであるHDLコレステロールが低い「低HDLコレステロール血症」、 トリグリセライド(中性脂肪)が高い「高トリグリセライド血症」があります。

2007年4月に、新しく高脂血症(脂質異常症)の診断基準が改訂されました。
従来の変更点は、悪玉であるLDLコレステロールと善玉であるHDLコレステロール を含む総コレステロールでは、動脈硬化リスクを正確に知ることができないため、 予防や診療の基準にすることをやめたこと。またHDLコレステロールが低い場合も リスクとなるため、従来の「高脂血症」という言い方から「脂質異常症」に変更 されたことです。
新しい脂質異常症の診断基準は以下の通りです。

【脂質異常症の診断基準(空腹時採血)
高LDLコレステロール血症 LDLコレステロール ≧ 140mg/dL
低HDLコレステロール血症  HDLコレステロール < 40mg/dL
高トリグリセライド血症 トリグリセライド ≧ 150mg/dL

 

 

(参考値) 高コレステロール血症:総コレステロール≧220mg/dL

「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2007年版」(日本動脈硬化学会)

【高脂血症と動脈硬化の密接な関係】
高脂血症の人の血液は、ドロドロ、ネバネバ状態です。
血栓(血液の塊)が出来やすく、血管内皮を傷つけ動脈硬化を生じ、凝血作用により脳梗塞、心筋梗塞等を引き起こす起因ともなっています。同時に、抗凝血作用を持った物質の分泌が減少し、血液はさらに固まりやすい状態になっています。また、脂肪の代謝や成分が重要で、低比重リボたんぱく(LDL)と中間型リボたんぱくとも深く関わっています。

「アテローム硬化(粥状動脈硬化)症」
大動脈・中型の動脈に見られ、日本人には最も多い動脈硬化。
動脈は血流の圧力を常に受けており、血管の内壁は傷つきやすく、それに加えて高脂血症や血液が固まりやすくなっているなどの血液成分の変化により、内皮細胞の障害が起こります。動脈の内壁に傷がつくと、血漿成分がしみ込み、その周りに血小板が集まってきます。それらが作り出す増殖因子の様々な関与によって内膜細胞が増殖し、動脈の内壁が徐々に厚くなり、さらにコレステロールが付着して、一層動脈は狭くなり血液の流れが悪くなります。この状態を「アテローム性動脈硬化症」といいます。

社会的・経済的に発展した、いわゆる文明国に多く発症が見られ、直接死因となりうる場合が多いのも特徴です。

「メンケベルグ型動脈硬化症」

大腿動脈、生殖器の動脈等に見られる動脈硬化症。
筋性動脈の内膜に石灰化がおこるという特徴のある動脈硬化で、慢性的な動脈の収縮と関係があると考えられています。

「細小動脈硬化症」
その名の通り、細い動脈や小さい動脈などの、抹消の血管に起こる動脈硬化症で、内膜がガラスのように硬く厚くなるのが特徴。細小動脈が高血圧に反応して変化するもので、内膜や中膜が厚くなる、血管が広がる、破れるなど様々な病変が見られます。

【どんな人がなりやすい?】
遺伝的な要因とともに、血中脂質が高い(中でもLDL)人が第一要因ですが、その他にもいろいろな要因がある事が分かってきました。

危険因子たち
・性別…女性より男性の方が危険性が高い。
・年齢…加齢と共に、危険が増す。
・血圧の高い低い
・喫煙の有り無し
・糖尿病、痛風など
・ストレス
・運動不足、肥満症

食生活や生活習慣、持病など、日常生活の要素が原因となりうるようです。という事は、生活の改善でかなり防ぐ事が出来るとも言えるでしょう。
禁酒・禁煙・体重のコントロールを3本柱に、食生活・ライフスタイルの改善が何より重要となります。

【症状】
ほとんど自覚症状がなく、大半は血液検査で発見されます。ほとんどの人の場合、高脂血症がすすんでも、それだけでは何の症状も起こりません。放置すると循環器疾患や動脈硬化となる為、早期発見・早期治療を心がける事が大切です。症状が起き、高脂血症や動脈硬化がすすんでいたとわかったときにはもう遅い・・・というケースが大変多いのです。

【中医学的見解】
高脂血症という病気は中医学の「痰湿」「瘀血(血の滞り)」に属します。
「痰湿」とは、体内に余分な水分が溜まり、血脂(血漿中のコレステロールや中性脂肪)が高い状態。つまり血管の内壁に粥状のドロドロした血脂が沈着、その結果、血の流れが悪くなったり、滞ってしまう(瘀血)ものです。

【対処法】
「痰湿」…防風痛聖散
「於血」…冠元顆粒
「気虚」…補中益気湯
その他、六味地黄丸等、「活血化於薬」「化痰利湿薬」の併用で、血栓の形成や動脈硬化の発症を予防できる事がわかっています。また、動脈硬化における粥状硬化塊が、縮小あるいは消失する事も証明されています。
早めに血脂を改善する薬と活血化於の中成薬を活用し、血栓予防に努める事です。
いずれにしても、検査や診断による自分の身体の状態を知り、中医学に経験の深い専門薬局漢方医と共に、自分自身の、生活習慣の不摂生の見直し、改善が、健康な身体を取り戻す一番の近道です。



漢方薬をはじめるには?漢方成分配合商品漢方体験談今月のプレゼントキャンペーントップに戻る



漢方